読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達成者への道。~くだらない記事を全力で~

おかげさまでお絵描き帳"第3章"に突入しました。くだらない記事こそ全力を注ぎます‼

冷めたお粥と少量のお水【復活の呪文を教えてくれ】


f:id:o-factory:20161125213349j:image

必死になって風邪からの復活の呪文を唱えているお~ふぁくとりーです。

皆さんこんばんは。そしてこんにちは。

 

[http://www..com/ :title]

 

残念ながら病からの完全復活とはならず、祝日前日の22日に出社したものの仕事にならない程体調が悪く、10時には早退してきました。

一度帰宅してすぐに病院へと向かいました。正直、車を運転するのも怖い状態だったのですが気合いでなんとか到着。

朝一ではないので病院は患者さんでごった返していました。 やっとのことで診察をしてもらったのですが、まさかの体験をすることとなりました。

 

アナルご開門‼(^^;

 

大変汚い話なんですが便に内出血による血が混じることによって少しブラックカラーへと変色していたのですが、まさか風邪の診察で穴ルをほじくられるなんて夢にも思っていませんでした(^^;

胃まで弱ってるなんて一難去ってまた一難だ… 

でも体がダルビッシュだし熱もあってそれどころではないので、潔く汚いケツを露にしてやりましたよ‼

看護婦さんも先生と一緒になって観察していたのですが、おばちゃんで良かったなーとつくづく思います。 綺麗なおねーさんだったら緊張しちゃって門は固く閉ざされていたかも

(*^^*)

まさかの体験、アンビリーバボーでした(^^;

 

病院から帰宅後もずっとベットの上で苦しんでいました。夕食に嫁さんがお粥と薬を飲む為の水を準備してくれたのですが、すぐには起き上がれなくて3時間後にやっとベットから抜け出せました。

その頃には

 

冷めたお粥とぬるい少量の水

となっていましたが、なんだか優しさが伝わってきてそんなことどうでもよいと思いましたね。

ただ、少量の水で7種類もの薬を飲むのは至難の技だった~(^^;  粉薬が苦いのにがいの。

 

 

この体験から3日程経ち、風邪は完全に治りましたが今度は胃が弱っていると医者からの忠告がありまして、お酒はもちろんのことブラックコーヒーや唐辛子などの刺激物も控えるようにと言われました。

好きなものを我慢することは辛いのですが、胃潰瘍は胃ガンに直結する病気なので、ここから先も生き抜くためには斬っていかなければならないのだと悟りました。

ストレス社会を生きる現代には胃の不調を抱えている人が多いそうなので皆さんも気を付けてくださいね(^_^ゞ

 

なんだか、やっと

 

"人生茨の道日記"らしくなってきたぞおい(о´∀`о)

もう体調は大丈夫‼(^-^)

超低空飛行でここまできてしまった11月を少しでも挽回してやるぞー( ・∇・)

 

 

ただの日記となってしまいましたが、お読み頂きありがとうございました。

一部お見苦しい内容がありましてすみませんでしたm(__)m

 


f:id:o-factory:20161125213722j:image